これから注目ユーロ/ポンド

通貨ペアを攻略!を続けています。 このサイトは不定期ですが、通貨ペアごとの特徴をご紹介させていただいております。 皆様のFXライフに少しでも役立てばと考えて運営をしています。 ひょっとしたら間違った情報も提供しているのかもしれませんが、その辺はご容赦くださいね!

さて、今回注目する通貨ペアは、ユーロポンド。 この通貨ペアはどのような値動きをするのかについて紹介してみたいと思います。

[2008年からのユーロ/ポンドの推移] 2008年からのユーロ/ポンドの推移

ユーロポンドは、同じ欧州ですが、かたやイギリスのポンド、かたや欧州連合のユーロです。 どちらの通貨が強いのか。それは欧州連合のユーロと見られがちですよね。

今はそんなことはありません。その理由としてはユーロ加盟国のドイツを除いた 国々の経済状況があまり芳しくないからです。 なのでユーロ売りを仕掛けていればいいような気がしますが、 そういう早計はまだしないほうが良くて、イギリスについてもそんなに経済状況は良くないといった状況です。

現在のユーロポンドの値動きとしては、お互いの経済指標発表の状況に大きく左右されます。テクニカルよりもファンダメンタルを重視して動くというのがこのユーロポンドの特徴になります。 この通貨ペアを扱う際には欧州時間に発表される経済指標に視点を当てて、発表された指標に寄って取引をするようにしてみるといいでしょう。

しかしチャートを見てるといいところまできてますな。反発期待!

リスト


FX初心者へ

FX取引を始めてまで4~5年ですが、ちょうど始めてからは為替激動の時期。円キャリートレードは盛大に反転し持ってる口座みんな終了の目に遭いました。 あれから3年、今度は先進国キャリートレードの様相を見せ始めた為替市場。益々値動きが激しさを増して来る様相に初心者の方はストップロスをしっかり入れて 挑んでいきましょう!為替相場は破産しない限り終わりはありません。いつでも復活できる金融商品です。

掲載記事について

当サイトに掲載している記事は為替に関する情報提供を目的としたものであります。しかしその情報の安全性、正確性を補償するものではなく、ご自身で投資判断を行っていただきますようお願いいたします。

ページのトップへ戻る